スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
GOSICK
最初の出だしから世界大戦の年代に近かったのでヤバイ雰囲気をかもしだしていた。
主人公はどっちなんだろう、久城なのかヴィクトリカなのか。
久城のおおらかさとやさしさと思いやりに感動した。
憎まれ口ばかり叩くヴィクトリカの成長物語だろうか。
ヴィクトリカの兄上の髪を下ろしたときの美しさとか、一人の女性を一途に思い続けるところとか、よかった。
灰色狼が欲しいのなら何で村を襲ってさらって来ないのか、ちょっとよくわからなかった。
村も超閉鎖的なのにヴィクトリカの母さんはどうやって出てきたんだろう?
双子はものすごく驚いた。でもすごいマザコン……。
ヴィクトリカの髪が金から銀になるところとか、銀じゃなくて白髪だろうが!とツッコミたかったけど。
久城も下半身なくしたのかと思っていたけれど成長して丸坊主じゃなくなって帰ってきていた。
でも指輪はフィクションだよな。日本軍で絶対に許されるわけがない。
戦争も終わって、二人が幸せに……、なれるんだろうか?
ヴィクトリカもアタマいいのに日本語は憶えられなかったようだし。
通訳の久城がいるけれど、あの時代外国語を勉強して留学までしたのってスーパーエリートな気がする。
出世するんだろうな、久城。外人の嫁さんが許されるかは疑問だけど、あの二人なら、叡智の泉を使って駆け落ちしてでも一緒になりそうだ。
惜しむらくは作画がもう少し、特に髪の毛の描写をきちんとしたらもっと良くなったと思う。
背景は綺麗だった。
私は推理物はさっぱりなのでよくわからなかったけれど、久々の気持ちいい大団円でよかったと思う。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2011/07/21 07:45】 | アニメ感想 | トラックバック(0) | コメント(3) |
バカとテストと召喚獣
久々にツボにくるアニメだった。
萌え系とか恋愛とかに偏っていなくて、純粋に題名通り「バカ」だった。
主人公は友達の妹から「バカのお兄ちゃん」と呼ばれていてもにこにこしているし、性格いい。
たまにホモっぽいシーンやお色気シーンもあるけれど何気にスルーできる。
ただ、召喚戦争というのがわかりづらかった。
「遊戯王」のデュエルモンスターのバトルとも少し違うようだし、何よりあんな何千枚もある問題用紙を一気に解けるわけがない。
けれどそういう常識を忘れてしまうくらい面白かった。
画面の構成が結構珍しいと思った。
影の部分に水玉が入っているとか。
嫌なキャラが全然いなくて、ムッツリーニすら可愛く思えた。
みかん箱で授業とか(笑)
主人公のお姉さんはハーバード出の大秀才なのに勉強以外何もできないのが可愛いし。
EDの「バカ・ゴーホーム」の歌詞もよく合っていた。
「バカも極めりゃ男伊達」「西から昇ったお日様が東へ沈むよさあおうちへ帰ろう」とか。
EDは作画が違うのかな、やけにみんな男らしかった。
惜しむらくは、アイキャッチに入る「バカテスト」が読みきれないこと。
あれ、読めたら相当面白いと思うんだけどな。
って、この記事書いてる時にすでに実は二期が始まったところなんだけど、一期に比べて少々勢いに欠けるような気がしてならない。
今後の展開に注目だ。 

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2011/07/21 07:33】 | アニメ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ヨスガノソラ
この作品を観たときは正直かなり驚いた。
ゲームをしないので、「○○ルート」という意味がわからなくて。
要するに主人公が一人攻略したら、話が元に戻って、また新たな人物を攻略するという、萌えエロゲーのアニメ版だったわけだ。
どう考えても双子の兄妹が近親相姦をするに決まっているのに、そうならないので「???」と思いながら観ていたら、こういうカラクリがあったというわけだ。
しかしアニメでここまで描写して放送してもいいんだろうか?と思うくらいだった。
個人的に主人公の声優の下野さんが好きなので、下野さんのエロボイスは新鮮だった。
下野さんて、あちこちちょい役しかなかったイメージが強かったので。
お嬢様と巫女と妹と三つのルートで口説き落とす遥(はるか)。
そして最近流行りなのか、本来ならモザイク部分に光が入って隠す、というモザイクより見にくい構成に……。
基本的に私は「エヴァンゲリオン」が嫌いで、特に綾波レイのがりがりの年齢にふさわしくない体型とか、銀髪とかが特に苦手だ。
なので、ヨスガノソラの妹もこういう感じで生活感や人間性のまるでない人形のような妹でイライラした。
ラストは外国のつてを頼って、家具職人になって近親相姦するというつまらんオチだった。
楽しかったのは、下野さんが真面目に口説いている声を聞けたくらいか…。
しかも舞台は夏なのに真冬にしていたからどうもそぐわなかった。
でもこれからこういう系がますます流行るんだろうな……。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2011/07/21 07:20】 | アニメ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) |
刀語
   復讐を果たせなかったもの。
   目的を果たせなかったもの。
   志半ばで倒れたもの。
   思いを遂げられなかったもの。
   負けたもの。
   くじけたもの。
   朽ちたもの。
   一生懸命頑張って、他のあらゆるすべて犠牲にしてまで踏ん張って
   それでも行為がまったく結果に繋がらず、努力はまったく身を結ばす。
   理不尽に、時には不合理に、ただ無惨に。ただ、無様に。
   どうしようもなく後悔して死んでいったもの達の夢と希望に満ちあふれた
   未来を予感させる前向きな物語。刀語。



ここまで書いて半年も書けなかったという……。
それくらい「刀語」は大きな話だった。
というか、感想が思いつかなくて。
西尾作品はどれも何か後味悪くて、伏線回収しきれてない感があり、バカな私はいつももやもやが残る。
上記は最終回のナレーション部分だが、全然「前向き」なラストではなかった。
毎回毎回人は死ぬわ、七花の「人間としての」成長物語だと思えばいいのかもしれないが、あまりにも無意味に人が死にすぎた。
あと「まにわ忍軍」は多分岡山県真庭市のことで、抜け忍とはいえ、距離的にどうなの!?って感じで。
いつもの西尾作品らしく、悪人に見えた否定姫が実はいい人だったというオチつき。
容赦姫はやっと人を愛することができたのに呆気なく死亡。
七花も人を愛す喜びを知ったのに、否定姫の配下の忍に殺される。
でもって、その二人が一緒に旅するエンド。
全くもって誰一人救われなくて、一年かけて観たのにかなりがっかりした。
まあ…、西尾作品だからね(←ポイント)
結局何が言いたかったのかというと、人間のココロを持てた七花と復讐から解放された容赦姫が一緒になってくれたらよかったわけで。
そんだけのシンプルな感想だけという。
書くと意外と短かった。うーむ。
【2010/12/31 19:07】 | アニメ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ぬらりひょんの孫
前評判を聞いていたのでとても楽しみにしていたのだけど…。
原作とかなり違うのだろうか。原作を知らないのであれなんだけど。
しかし突っ込みたいところは山程あるアニメだった。
リクオ君は夜若になると何故あんなに男前になるんだろうか?
記憶の継承?にしても何だか無理があるけれど妖怪だからいいのか?
それに総大将コルネのあの劣化具合はもう涙ものである。
畏れを使っているのかしらないが、あの頭で街中歩くとおかしいだろ。
納豆小僧も明らかに変だし。
駄菓子屋で「苺飴欲しい人」と言われて子供に混じって「は~い!」と手を挙げたのは泣けた。
いつも公園のブランコでぶらぶらしてるのに、陰陽師のゆらちゃんに気付かれないし。
リクオの家も何匹妖怪がいるのかしれないのにゆらちゃんが気付かないのは凄いと思った。
つか、最初は悪さをして生活をしているという設定だったのにあの裕福ぶりは何だろう?
幹部はいつもたむろってるし。あれだけの料理を妖怪…。妖怪は食事をするのか?
牛鬼が人間から妖怪になったのもかなり無理がある設定だったし。
つか牛鬼、西の護りはお任せください、と言いながらずっとリクオの家にいるし。
四国八十八鬼夜行は少々四国のことに詳しい私には涙ものだった。
阿波の狸合戦が有名なので徳島の阿波市という四国の東端に行っていると思っていたら、
実は讃岐(さぬき)とか讃岐って香川だし。二日もかかるような場所ではない。
最終決戦はまだ夕暮れに夜行列車に乗ってたけど、東京までなら電車で30分で岡山県に出て、そこからのぞみに乗れば4時間弱で東京余裕なのに明け方までかかって東京に……。
九州の端から夜行列車に乗ってるのかい(汗)誰も時刻表見なかったのかな、編集とか。
あまりにも時間軸がおかしすぎる。それに四国八十八番札所には妖怪はいません。
玉章(たまづき)も多分阿波の人形浄瑠璃を模したと思われるけれど微妙に違うし。
もう、設定誰かきちんと教えてやれよ。四国の人が不憫すぎる……。
そっちばかり気になって落ち着いて見れなかった後半。
街の真ん中の公園で乱闘して妖怪目撃情報とかビル破壊しても警察来ないし。
原作がわからないからイラっとするけれど、もし担当がいたとしたらちょっと疑う。
でもぬらりひょんの一族は代々人間の女性が好きだから次は血が8分の1に薄まるのか。
切ないねえ。変身後のリクオの眼鏡と刀がどこから出てくるのか、着物が伸びるのか…。
どうにもこうにもわけわからんけれど、初代がカッコ良かった(劣化は涙もの)
微妙なアニメだった。
【2010/12/24 18:59】 | アニメ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
戯言~ざれごと~


アニメ大好きなおたくです。ビデオが溜まりに溜まり、一年前のビデオを観ています。なので情報が古いです(ネタバレは勘弁してください)。一年前の懐かしアニメの話題を書いていきます。

プロフィール

ねざくら

  • Author:ねざくら
  • アニメが大好き。
       鉱物と自然が好きです。
       一年前のビデオを
       観てます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。